字幕に合わせた芝居 札幌ハムプロジェクト『サンタのうた』

札幌ハムプロジェクト「サンタのうた」をすわにて。韓国公演の準備公演ということで、台詞でのアドリブと思われるものはあまり無く、かけ声などで韓国語が混じる。観たのは扉の枠の真正面というすわならではの位置。ハシゴで少し視界が遮られたけど、台詞が自分に向かって飛んで来るように感じる。
座った場所の関係で、すがのさんが説教をする台詞を真正面から見ることになったけど、本当に自分が説教されているような迫力。当たり前の事かもしれないけど、やっぱり役者さんは凄い。天野さんともしっかり噛み合って、何でもできそうな、いいコンビに見える。
以前観た時の自由な感じが少ないなと思いお話を伺ったところ、字幕対応で台詞でのアドリブはやらないとのこと。言われてみれば、台詞ではなく、ジェスチャーで色々やっていたような気がする。字幕がある場合の芝居というのも、いろいろ大変なんですね。

  • 2017/10/14 14:00
  • すわ2F
  • 約1時間

text by 小針幸弘

SNSでもご購読できます。