少女マンガ的な世界 シニカルホイップ『Vanilla』

シニカルホイップ「Vanilla」をシアターZOOにて。明らかに性格が歪んでいる金持ちの男と、それに振り回され不幸になっていく周囲という汚姉妹を連想してしまうお話。全編暗く、救いがないけど、登場人物にとっては、それが救いなのではないかと感じてしまう。チラシの雰囲気がそのまま舞台になった感じ。
出演4人中演劇が初めての方が2人のようだけど、演劇以外での舞台経験からか堂々としたもの。グラスを落とすというハプニングと思われる事態があったけど、召使い役の方が即座に台詞で反応していた。ただ、行動にまでは至らず。そのまま拾って良かったと思うんだけど。
舞台セット、小道具、衣装は、いい感じで統一されているように思えました。それだけに髪飾りが落ちかかったりしていたのが残念だけど、回を重ねればすぐに何とかなりそうなものではあります。あと最後の花を使った表現は少女マンガみたいで綺麗だった。
みちこのみたせかいの話が出ているなど、客席にアイドルファンが多かった印象で、雰囲気は今まで見たことのある旗揚げ公演とは随分違ったもの。今後もこういう形の公演になるんだろうか。ここ数年の札幌にないタイプなので、どんな展開を見せるのかが気になる。

  • 2017/10/27 19:30
  • シアターZOO
  • 約1時間

text by 小針幸弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。