終盤が説明に終始したのが残念 劇団ルート1『ずっとあなたを見守って…』

劇団ルート1「ずっとあなたを見守って…」をやまびこ座にて。基本的にこの劇団らしい感動物語。主要な人たちはいつもの面々なので、キャラ付けを含めて安定した作り。台詞にしなくてもいいんじゃないかと思えるものが出てきたりして、熟成不足というのが正直な感想。まだ面白くできる余地がある。
終盤で真相をすべて台詞で説明してしまうというのは、いたし方ない部分があるとはいえ、もう少し工夫出来なかっただろうか。その部分が、なにか小説の朗読みたいになってしまっているように感じました。話自体は悪くないだけに、もったいない。
情けない作家と何も考えずに突っ走っているように見える編集者のコンビは面白かったし、編集長と役場職員との関係も極端ではあるけど面白かった。単に好みの問題もしれないけど、終盤の見せ方が違っていれば、もっと感動したかもしれない。

  • 2017/11/11 19:00
  • やまびこ座
  • 約1時間40分

text by 小針幸弘

SNSでもご購読できます。