ふざけた設定で明るく笑い飛ばす 演劇集合体マキニウム「Nanicorade Miere:BRAGA」

演劇集合体マキニウム「Nanicorade Miere:BRAGA」(ナニコレイド・ミエール・ブラガ)をMK-Boo!にて。設定もタイトルもふざけているコメディ。何故か他人のブラジャーが透けて見える男と、何故か他人の裸が見える女の物語。コントロール不能なこの能力が巻き起こす騒動と、元の健全な体を取り戻すための冒険は強引だけど楽しい。
途中でBLに関するネタで盛り上がるシーンがあり、正直正確な意味はわからないけど、中の人で好きな人がいるんだなぁとニヤニヤしてしまった。途中のコスチュームは必然性はあるけど、RPG風にしてしまうというノリの良さ。桃太郎伝説みたい。
FUMIHIKO公演はベテラン陣ということで、安心してみていられる。槇さんと小島さんはもちろんだけど、変な能力を持ってしまった二人が観ていて面白かった。あとは嫌な上司の貫禄は適役としか言いようがありません。実生活でも偉い人なんだろうか。
舞台セットに巨大なブラジャーや桃があったりするし、落ち込んでもいいような状況でも笑い飛ばして、とにかく前向きに行動するような話。出演者が変わったバージョンがあるので、どんな風に変化するのかも見てみたいところ。

  • 2018/02/24 19:00
  • Mk-Boo!
  • 約1時間45分

演劇集合体マキニウム公演「Nanicorade Miere:BRAGA」をMK-Boo!にて。フレッシュ公演を2パターン観劇。主役男性は変わらず、全裸が見える女性が片方では変更されていた。話し方などはFUMIHIKO公演をなぞっているようなところも。仕方がないのかもしれないけど、もう少し演っている人らしさが見たかった
嫌な上司役の人は、話の展開に直接関わらないので、かなり自由に演っていた。何しろ自由すぎて本来のセリフを忘れてしまったほど(笑)。役自体、舞台度胸をつける為のものなのだろうか。槇さんがアドリブで演っていたら凄いことになりそうだけど。

  • 2018/03/04 19:00
  • 2015/03/10 19:00
公演日:2018/02/24

text by 小針幸弘

SNSでもご購読できます。