アクションとにかくアクション わんわんズ『がむしゃら!!』

わんわんズ「がむしゃら!!」をコンカリーニョにて。とにかくアクションがしたい!というのが伝わる芝居。冒頭と最後に大人数での大立ち回りがあり、なかなかの迫力だった。横の動きだけではなく、縦の動きもできるように舞台セットも組まれており、追いかけるのに忙しい。楽しい芝居でした。
話自体は、実はアクションシーンが無くても成立してしまいそうなもの。実際、関ヶ原後から始めて、ラストのアクションシーンなしで後日談みたいなものを入れてしまえば、などと考えてしまうけど、演者が見せたいのも、観客が見たいのもアクションなのだからOKですね。
派手なアクションは若い世代がやり、ベテランは含蓄のある台詞で存在感を示す。まあ、棚田さんはいつもの調子で軽めだったけど、それが飄々とした感じに思えて、逆に台詞に重みが出たようにも思う。3平さんは堀部安兵衛をやったこともあるけど剣豪の風格があるのかな。
とにかく人数が多い。カーテンコールで並んだ人数を見るとその数に圧倒される。これだけの人数でアクションシーンを組み立てるのは大変だっただろうななどと思うと同時に、物語の強さがもう少しあったらとも思ってしまう。次回がどうなるか楽しみなところ。

  • 2018/03/03 13:00
  • コンカリーニョ
  • 約1時間10分

 

公演日:2018/03/03

text by 小針幸弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。