意外としっかりマクベス 開幕ペナントレース『あしたの魔女ョー[或いはRocky Macbeth]』

開幕ペナントレース「あしたの魔女ョー[或いはRocky Macbeth]」をBLOCHにて。始まる前はただのコメディ作品かと思っていたけど、かなり真面目な作品。役者の登場の仕方で驚かせ、あしたのジョーからの無理やり感のあるネタで笑わせ、しかし話としてはしっかりマクベス。毎年来てくれないかなぁ。
BLOCHに入り、観客席を分断するように置かれているリングにまず驚いた。何というか、BLOCHをどう使うか考えて作ったセットではなくて、自分たちの作りたいセットがまずあって、それをBLOCHにどのように当てはめるかを考えた結果という作りに見えました。
話の筋はしっかり真面目に進めていくのだけど、もちろん脱線する部分も多く、コメディ要素は主にそこに詰め込んだといったところ。出てくるネタは大相撲だったり、ちょっとした言葉遊びだったり様々。タイトルから想像されるあしたのジョーネタは案外少ない。
冒頭ボクサーの格好で出てくるマクベスは、あしたのジョーというより、そのモデルといわれているたこ八郎(の現役時代の写真)っぽく見えた。コメディ向けのキャラクターに思えたけど、このキャラが悪逆非道な振る舞いをして、罪悪感に苛まれるんですよね。
キャラ設定も、途中挟んでくるギャグも、客席の配置も、落下傘部隊も、とにかく自由な感じ。それもデタラメをやっているのではなく、全体の型というようなものがあって、所々でそれを敢えて破っているというようなもの。来年とか別の作品もやってくれないかな。

  • 2018/03/03 17:00
  • BLOCH
  • 約1時間
公演日:2018/03/03

text by 小針幸弘

SNSでもご購読できます。