どくんごの夏 劇団どくんご『誓いはスカーレット』

今年、札幌公演がなかった「劇団どくんご」だけど、近郊の小樽、岩見沢などでは公演がおこなわれた。新しい客層を開拓するためだろうか、それとも、知らない町へ旅する楽しみを、彼らはつねに持ちつづけているからだろうか。

ともあれ僕は、小樽公演へ出かけた。場所はJR南小樽駅から徒歩10分くらいの住吉神社。どくんごは野外テント劇で、「場所」それ自体が公演の一部だ。札幌公演で使っていた円山公園もよかったが、今回、住吉神社という場所の異世界感、非日常感はきわだってよかった。時間が止まったような静けさと清涼感は、神社という場所独特のものだ。

それに、南小樽というのもよかった。はじめておりたった駅なのだけど、平地が多い札幌では味わえない駅の作り。谷のようにくぼんだところを線路が走り、ホームもそこにある。駅舎はまるで崖の上のようなところにあって、ホームから階段をあがってたどりつく。

こじんまりした駅舎に隣接したセブンイレブンが、いかにも現代的かもしれないけど、不思議とこういう場所にあるコンビニは、それはそれで趣(おもむき)がでるから不思議だ。

駅舎から外に出て住吉神社を目ざすのだけど、歩くとすぐに、ホームと線路が下に見える。いっけん道路のようだけど、ここは陸橋なんだ。渓谷を走る線路を見おろすと、さっきまで自分がいたホームもあって、そこがまるで別世界のように見える。僕はちょっと、めまいがする。

歩きだすと右に高校があり、夏休みの夜ともなれば、人はもう、ほとんどいない。左には市立病院あって、ああこれが、ひと悶着もふた悶着もあったあれか……なんて考えたときが、僕が現実世界のことを思った最後だろう。

そこからの道のりになにか店があるわけでなく、ひたすら神社に吸いよせられるだけの1本道だ。だんだん鳥居が近づいてくる。期待も高まる。鳥居をくぐり、ついに神社に足を入れると、そこはもう、異世界だ。お芝居を観るということは、やっぱりどこか、ピリッとした非日常感をともなう。それがいい。

場所にある力や雰囲気を、芝居に吸収して吐き出す。だけどそこはかりそめの場所で、数日ののち、あとかたもなくつぎの場所へ消えていく。劇団どくんごという存在こそが非日常で、場所の非日常性とかみあったとき、不思議な場が生まれる。それを僕たちは毎年観にいくんだ。

ちなみに今年の公演を、僕は詳細に書くことはできない。ましてやわかった風に感想を書くことも無理だ。なぜなら僕の近くに陣取った未就学児童3~4名、彼らが生み出す(僕にとっては)非日常性もすごかったからだ。

「ママぁ~、いつ終わるの~? はやくクワガタ捕りにいこうよぉ~」これは舞台上のセリフではなく、彼らの発するいわゆる“ダダ”だ。もちろんそれは前衛芸術運動のことではなく、上演中、本能のおもむくままに好き放題する子どもの独白だ。

というわけでまったく集中できずに、芝居もイマイチ頭に入ってこなかったけど、言ってしまえば今回のどくんご公演は、僕にとってはすべてが体験だったんだ。札幌から南小樽まで来て、駅や神社に心動かされ、芝居を観ながら、子どもの小悪魔的無邪気さに翻弄される。それらをひっくるめて「どくんごを観た」ってことなんだ。

演劇や映画を「観る」という行為は、その作品を観ているあいだだけに存在してるわけじゃない。一連の行為……もしかしたら観にいこうと決めた瞬間から、チケットを予約したり、スケジュールを調整したり、だれかを誘ったり、事前にご飯を食べたり、事後にお酒を飲んだり、みんなで感想を言いあったり、ひとりで思い出したり、こうして感想とも旅行記ともつかない文章を書いたり、それらすべてをひっくるめて「観た」ということなんだろう。

終劇後、熱気のこもるテントを出ると、ひんやりした夜気につつまれた。声のする方を見ると、木々のあいだを楽しそうに歩き、ライトを照らしている子どもたちがいた。クワガタ、捕まえられただろうか。

僕はふたたび1本道を歩き、静けさを増した南小樽駅にもどる。札幌のような人も喧噪も音楽もなく、ただ夜だけがあるホームに立つと、少しだけ、孤独を感じた。

列車に乗ると、疲れきった海外の観光客と同じ車両で、みんな、こうして札幌へ帰っていく。窓の外を見る。暗くて海はもう見えない。きっとそこにあるんだろうという想像だけで、僕の中に存在している。

列車は走り、まるで暗いトンネルのような闇をぬけると、しだいに明かりが、住宅街が増えてくる。札幌という日常に、もどってきた。

つかのまの非日常。どくんごの夏だった。

 

劇団どくんご『誓いはスカーレット』 2018年8月9日19時~21時 小樽住吉神社(小樽市)

公演日:

text by 島崎町

SNSでもご購読できます。